経済 経済 新商品

  • 印刷

 【北京共同】中国国家統計局と中国物流購買連合会は31日、7月の景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が51・1となり、2カ月連続で上昇したと発表した。新型コロナウイルスによる落ち込みからの回復の勢いが持続し、前月から0・2ポイント上昇。好不況を判断する節目の50を5カ月連続で超えた。

 市場予想を上回り、生産と新規受注がともに伸びた。電子機器や医薬品は先行きの見通しも明るいという。

 統計局は「生産が全般的に回復している」と強調。ただ洪水災害が起きた長江流域では生産設備の被害や物流の停滞が出ているとも指摘した。

経済の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ