経済 経済 新商品

  • 印刷
 記者会見するJR西日本の長谷川一明社長=31日午後、大阪市
拡大
 記者会見するJR西日本の長谷川一明社長=31日午後、大阪市

 JR西日本が31日発表した2020年4~6月期連結決算は、純損益が767億円の赤字(前年同期は425億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルス感染拡大で新幹線などの利用客が激減したことが直撃した。不動産やホテルなどの事業も苦戦した。

 決算短信には「会社発足以来、財務面において最大の危機であると認識している」と記載。収益改善に向けて運賃の見直しや終電繰り上げなど抜本的な対策が急務になりそうだ。

 売上高は前年同期比55・3%減の1633億円だった。21年3月期の業績予想は合理的な算定が困難だとして引き続き未定とした。

経済の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ