経済 経済 新商品

  • 印刷
 オランダのスキポール空港に着陸するKLMオランダ航空機=3月(共同)
拡大
 オランダのスキポール空港に着陸するKLMオランダ航空機=3月(共同)

 【ブリュッセル共同】KLMオランダ航空は7月31日、新型コロナウイルスの影響で経営が「未曽有の危機」に陥ったとして、既に決定済みの解雇や退職も含め、KLMグループ全体で来年までに最大5千人削減すると発表した。状況次第では一層の削減もあり得るとしている。現在はグループで約3万3千人を雇用している。

 声明によると、コロナ禍の影響で一時は当初計画の10%以下しか運航できなかった。7月になっても約30%にとどまっており、需要の回復は「早くても2023~24年」と説明。「KLMの長期的存続のため、規模を新たな現実に適合させなければならない」と強調した。

経済の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ