経済 経済 新商品

  • 印刷

 週明け3日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は7営業日ぶりに反発した。前週末の米株高が追い風となり、買いが先行した。上げ幅は一時400円を超え、取引時間中として節目の2万2000円台を回復した。

 午前終値は前週末終値比413円93銭高の2万2123円93銭。東証株価指数(TOPIX)は19・54ポイント高の1515・60。

 前週末のニューヨーク株式市場で、決算が好調だったハイテク株がけん引しダウ工業株30種平均は反発。東京市場も流れを引き継いだ。平均株価が7月31日までの6営業日で計1100円超下落し、割安感の出た銘柄を買い戻す動きもあった。

経済の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ