生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 完成報告会に登場した(左から)芋生悠、村上虹郎、豊原功補=東京都内
拡大
 完成報告会に登場した(左から)芋生悠、村上虹郎、豊原功補=東京都内

 ある事件を起こして、逃避行する若い男女の姿を描いた映画「ソワレ」(28日公開)の完成報告会が東京都内で開かれ、主演俳優の村上虹郎と芋生悠、プロデューサーを務めた豊原功補が登場した。

 芋生は100人以上が参加したオーディションで抜てきされ、父親から暴力を受け、心に傷を負うタカラを演じた。脚本を読んだ段階で「覚悟を決めなきゃいけないなと思った」という。

 「(家庭内暴力という)汚いものを見てしまっているが、タカラにはずっと守り続けている美しい心があった。私が一番近くでタカラに寄り添い、歩めたらいいなと思った」

 一方、村上が演じた翔太は俳優を目指しながらも芽が出ず、振り込め詐欺で食いぶちを稼ぐ役柄。警察に追われる中、タカラに雰囲気を和ませる言葉を掛けたり、けんかをしたり。子どもじみた部分もあり、「難しい役でなかなか定まらなかった」と振り返った。

 豊原は俳優の小泉今日子と映画製作会社を立ち上げ、今作をプロデュースした。昨年、和歌山県で行った撮影にも小泉と共に参加した。

 小泉とのエピソードについて、村上は早朝に現場に行かなければならなかった時の出来事を披露した。「小泉さんが車の助手席のドアを開け『おはようございます! 乗って』と。(彼女が僕の)専用ドライバー状態だった」と明かした。報道陣が驚くと、豊原は「決して潤沢な予算でやってないので」と照れ笑いを浮かべた。

生活の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ