政治

  • 印刷
 球磨川(右上)の氾濫で被害を受けた熊本県球磨村の住宅地=7月5日
拡大
 球磨川(右上)の氾濫で被害を受けた熊本県球磨村の住宅地=7月5日

 内閣府は4日、7月の豪雨で住宅が半壊した世帯の一部に対し、被災者生活再建支援金を支給する方向で検討していると明らかにした。全国知事会の要望を踏まえた。

 内閣府は、対象拡大のための被災者生活再建支援法改正案を次期国会へ提出する構えで、改正前に起きた災害にもさかのぼって適用する案を議論している。

 新たな支給対象として、壁や柱など構造部分から算出する損害割合が「30%以上40%未満」の半壊を軸に検討。住宅の再建方法に応じて25万~100万円を支給する方向で調整している。

 7月の豪雨被災者で対象となる世帯には、改正後に申請してもらい、支給する案が浮上している。

政治の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ