経済 経済 新商品

  • 印刷
 JR上場4社の20年4~6月期連結決算
拡大
 JR上場4社の20年4~6月期連結決算

 本州と九州のJR上場4社の2020年4~6月期連結決算が4日出そろい、全社の純損失額が四半期として公表開始後で過去最大になった。売上高も全社が前年同期と比べて大幅に減った。新型コロナの感染拡大による鉄道利用者の激減や、商業施設やホテルなどのグループ事業の不振が響いた。

 JR九州の純損益は51億円の赤字に陥った。売上高は38・4%減の618億円となり、新型コロナが約400億円の減収要因と試算した。

 JR東日本の純損益は1553億円の赤字で、JR西日本も767億円の赤字。JR東海の純損益は726億円の赤字となり、初めての純損失を計上した。

経済の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ