経済 経済 新商品

  • 印刷

 【サンパウロ共同】アルゼンチン政府は4日、米機関投資家などと行ってきた計約650億ドル(約6兆9千億円)に上る債務の再編交渉が合意に達したと発表した。通貨ペソ下落や新型コロナウイルス流行で低迷する経済のさらなる混乱は回避した。4日が交渉期限だった。

 交渉が難航していた三つの主要債権者グループとの合意に至ったという。政府は「重要な債務軽減につながる」との声明を発表した。

 英紙フィナンシャル・タイムズによると、債務再編について債権者が賛否を問う投票を実施する可能性があるが、交渉が行き詰まる可能性は低いという。

経済の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ