国際

  • 印刷
 韓国・平昌の私立「韓国自生植物園」に設置された従軍慰安婦問題を象徴する少女像(奥)と謝罪する男性の像=5日(共同)
拡大
 韓国・平昌の私立「韓国自生植物園」に設置された従軍慰安婦問題を象徴する少女像(奥)と謝罪する男性の像=5日(共同)
 韓国・平昌の私立「韓国自生植物園」で取材に応じる金昌烈園長=5日(共同)
拡大
 韓国・平昌の私立「韓国自生植物園」で取材に応じる金昌烈園長=5日(共同)

 【平昌共同】旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像と、その前でひざまずいて謝罪する安倍晋三首相をモチーフにした像が置かれた韓国北東部、江原道平昌にある私立「韓国自生植物園」の金昌烈園長(71)が5日、植物園で共同通信の取材に応じ、像を撤去する考えはないと明らかにした。「芸術作品の一つにすぎない」と話した。

 金氏によると、像は火災が起きて休園していた2016年に設置し、植物園は今年6月に再開した。8月に除幕式を計画していたが、最近韓国紙に取り上げられてインターネット上で騒ぎが広がったため式は中止したという。

 像の設置には日本政府が強く反発している。

国際の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ