国際

  • 印刷
 スリランカのラジャパクサ大統領(ゲッティ=共同)
拡大
 スリランカのラジャパクサ大統領(ゲッティ=共同)

 【ニューデリー共同】スリランカ選挙管理委員会が7日発表した議会選(5日投票、一院制225議席)の開票結果は、ラジャパクサ大統領派のスリランカ人民戦線(SLPP)が145議席を獲得、過半数を占めて勝利した。昨年11月に就任した大統領は第1党だった統一国民党(UNP)を破り、政権の基盤固めに成功した。

 SLPP党首は大統領の兄で首相のマヒンダ・ラジャパクサ氏。2005~15年には大統領も務め、中国の支援でインフラ整備を進めた一方、一族支配を強めたと批判された。

 UNPを離脱した統一人民戦線(SJB)が54議席で最大野党となり、UNPは1議席に沈んだ。

国際の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ