生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 7日、台湾・桃園市にオープンした水族館「Xpark」で、人工雪の中に立つペンギン。奥は餌を与える飼育員(共同)
拡大
 7日、台湾・桃園市にオープンした水族館「Xpark」で、人工雪の中に立つペンギン。奥は餌を与える飼育員(共同)

 【桃園共同】横浜・八景島シーパラダイス(横浜市)などを手掛ける横浜八景島が7日、台湾北部・桃園市のショッピングモールに水族館「Xpark」をオープンさせた。各種の魚が泳ぐ大水槽などを映像や音響で演出することで「リアルな自然」を体感できるとアピール。年内60万人の集客を見込んでいる。

 深海や熱帯雨林などのエリアを設置。ペンギンが水槽間をつないだパイプを泳いで移動する施設や幻想的なクラゲの水槽群が目玉という。家族連れやカップルが次々と入場、歓声を上げた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初の開業予定だった7月1日からずれ込んだ。

生活の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ