国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】米情報機関を統括する国家情報長官室(DNI)は7日、11月の米大統領選を巡り、中国がトランプ大統領について「予測不能と見なし再選を望んでいない」と指摘、選挙に干渉する恐れがあると懸念を表明した。ロシアは野党民主党のバイデン前副大統領をおとしめようとしているとの見方を示した。

 DNIは外国勢力による米大統領選への干渉に関する懸念をまとめた声明で、中国やロシア、イランを名指しした。中国に関し、反中的な政治家への圧力を強めるなどして影響力拡大を試みていると指摘。新型コロナウイルスを巡るトランプ政権の対中強硬姿勢への非難も強めているとした。

国際の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ