国際

  • 印刷
 ベラルーシの首都ミンスクで年次報告演説をするルカシェンコ大統領=4日(タス=共同)
拡大
 ベラルーシの首都ミンスクで年次報告演説をするルカシェンコ大統領=4日(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアの同盟国ベラルーシで9日、大統領選が実施される。25年以上の強権統治で「欧州最後の独裁者」と称される現職ルカシェンコ大統領(65)の6選が確実視されるが、選挙戦では政権交代や公正な選挙を求める主婦のチハノフスカヤ候補(37)を支持する異例の大規模集会が開かれ、ルカシェンコ氏への逆風は選挙後も続く可能性が高い。

 1994年から君臨するルカシェンコ氏への反発の背景には、国営企業に依存した経済の低迷や、新型コロナウイルス対策で「ウオッカが効く」などと迷言を連発した無策ぶりに加え、有力対立候補の出馬が当局に却下されたことがある。

国際の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ