国際

  • 印刷
 「TikTok」に投稿し、裁判所から禁錮2年の有罪判決を言い渡されたハニーン・ホサムさんの投稿動画一覧(本人のTikTokアカウントより・共同)
拡大
 「TikTok」に投稿し、裁判所から禁錮2年の有罪判決を言い渡されたハニーン・ホサムさんの投稿動画一覧(本人のTikTokアカウントより・共同)

 【カイロ共同】動画投稿アプリ「TikTok」に自分のダンス姿などを投稿した若い女性らを、エジプト当局が“堕落”として拘束する事件が相次いでいる。保守的なイスラム社会で女性の動画投稿が広がることを当局は嫌ったとみられる。

 地元紙などによると、ことし4月、検察当局はTikTokで130万人のフォロワーを抱える女子大生ハニーン・ホサムさんを拘束。動画でハニーンさんは肌を露出しない長袖の服装でダンス、視聴者に「動画投稿を収入にしよう」などと呼び掛けていた。裁判所は7月「家族の価値を侵害した」として禁錮2年の有罪判決を言い渡し、200万円相当の罰金支払いを命じた。

国際の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 20%

  • 23℃
  • 19℃
  • 60%

  • 26℃
  • 21℃
  • 10%

  • 26℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ