国際

  • 印刷
 9日、ベラルーシ・ミンスクで、票を投じる男性(ロイター=共同)
拡大
 9日、ベラルーシ・ミンスクで、票を投じる男性(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】ロシアの同盟国ベラルーシで9日、大統領選の投票が行われた。四半世紀以上にわたる強権統治を続け6選を目指す現職アレクサンドル・ルカシェンコ大統領(65)に対し、政権交代を求める主婦スベトラーナ・チハノフスカヤ候補(37)が挑む構図。即日開票され、大勢は10日午前(日本時間)にも判明する見通し。

 選挙には計5人が立候補。「欧州最後の独裁者」と称され、選管当局も影響下に置くルカシェンコ氏の当選が確実視されている。だが反政権を掲げる複数の有力候補が出馬を却下された中、「半年以内の公正な再選挙実施」を求めるチハノフスカヤ氏への支持も急拡大している。

国際の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ