社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 愛知県大治町役場で今年4月、職員に「俺コロナ」と言って業務を妨害したとして、威力業務妨害の罪に問われた同町の無職北憲和被告(38)に名古屋地裁(岩見貴博裁判官)は11日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 判決理由で岩見裁判官は「新型コロナウイルスが社会的に深刻な状況下で、思慮を欠いた軽率な行為」としつつ、反省の態度を示しているなどとして執行猶予を付けた。

 これまでの公判で北被告は「職員をびっくりさせようと思った」と釈明していた。

 起訴状によると、町役場で「陽性反応が出た」などと言い、役場を閉鎖させ業務妨害したとしている。

社会の最新
もっと見る

天気(10月1日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 40%

  • 25℃
  • 17℃
  • 60%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 40%

お知らせ