経済 経済 新商品

  • 印刷
 マスク姿の観光客らでにぎわう神奈川県・箱根湯本駅前の商店街=7月23日
拡大
 マスク姿の観光客らでにぎわう神奈川県・箱根湯本駅前の商店街=7月23日

 内閣府が11日発表した7月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比2・3ポイント上昇の41・1となり、3カ月連続で改善した。新型コロナウイルス感染再拡大への懸念や豪雨災害が響き、改善幅は前月から鈍化した。

 項目別では「家計」が前月と同じ43・3、「企業」が7・4ポイント増の37・8、「雇用」が6・4ポイント増の33・8だった。都市部での感染者の増加や天候不順の影響で「中旬から回復の動きが失速し始めている」(近畿のレストラン)など悲観的な見方もあった。

経済の最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ