スポーツ

  • 印刷
 東京都中央区の臨海地区に建設されている東京五輪・パラリンピックの選手村=7月11日(共同通信社ヘリから)
拡大
 東京都中央区の臨海地区に建設されている東京五輪・パラリンピックの選手村=7月11日(共同通信社ヘリから)

 新型コロナウイルスの感染拡大で来夏に延期となった東京五輪で、大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)がコスト削減のため、中央区晴海の選手村のオープンを従来の計画より2日遅らせ、稼働期間を短縮する方針で一致したことが11日、分かった。開村日は開幕8日前の来年7月15日となる。複数の関係者が明らかにした。

 前回2016年リオデジャネイロ五輪では開幕12日前に開村した。延期が決まる前の東京五輪は10日前を予定していた。今回、期間をさらに短縮することで、選手村の運営にかかる諸経費を圧縮する狙いがある。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月2日)

  • 27℃
  • 18℃
  • 0%

  • 28℃
  • 14℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ