社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 「黒い雨」訴訟の国側控訴を受けて記者会見する高野正明原告団長(中央)。その右は牧野一見さん=12日午後、広島市
拡大
 「黒い雨」訴訟の国側控訴を受けて記者会見する高野正明原告団長(中央)。その右は牧野一見さん=12日午後、広島市

 「黒い雨」訴訟で原告全員を被爆者と認めた広島地裁判決に国と広島県、広島市が控訴したことを受け、原告や弁護団が12日、広島市で記者会見し「原告らが原爆の影響で健康を害したのは明らか。科学的知見を口実にした政治判断による控訴は、高齢化が進む黒い雨を浴びた人たちの思いを踏みにじるものだ」と厳しく批判した。

 高野正明原告団長(82)は「国は司法の判断に難癖を付けている。控訴は大変残念だが、勝訴に向かってまい進していきたい」と力を込めた。

 弁護団は会見で声明を発表し「被爆者援護行政の転換がなされ、全ての黒い雨を浴びた人たちが救済されるよう闘い抜く」と述べた。

社会の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ