社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 森友学園前理事長の籠池泰典被告と妻の諄子被告
拡大
 森友学園前理事長の籠池泰典被告と妻の諄子被告

 学校法人「森友学園」系列の認可保育所「高等森友学園」(大阪市淀川区)を運営していた社会福祉法人「肇国舎」が運営委託費など計約6100万円を不正受給したとして、大阪市が返還を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は12日、全額の返還を命じた。

 判決理由で森鍵一裁判長は、学校法人の前理事長籠池泰典(本名・康博)被告(67)=詐欺罪などで一審有罪、控訴中=の妻諄子(本名・真美)被告(63)=同=が保育所の園長であることを前提に市が運営委託費を支払ったのに、真美被告は別の系列幼稚園に勤務していたなどとし、「法律上の原因なく委託費を利得した」と指摘した。

社会の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ