生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 お盆休みシーズンの13日、マスク姿の観光客らが行き交う箱根湯本駅前の商店街=神奈川県箱根町
拡大
 お盆休みシーズンの13日、マスク姿の観光客らが行き交う箱根湯本駅前の商店街=神奈川県箱根町

 例年であれば里帰りなどで人の動きが多くなるお盆休みシーズン。今年は新型コロナウイルスの影響で、帰省や遠出の自粛が広がっている。感染拡大が収まらない状況下での「我慢の夏」。首都圏の観光地では13日、近隣からの行楽客の姿が目立ち「少しでも夏休みを味わいたい」と切実な声も。一方で地方の観光地は客が少なく、ホテルなどへの影響は大きそうだ。

 神奈川・箱根エリアの玄関口、箱根湯本駅では観光客が次々に改札をくぐった。東京都狛江市の会社員市橋友行さん(56)は日帰りでハイキングに訪れた。「いつもは新潟県に帰省していたが、今年は近場で休みを過ごそうと思って」と話した。

生活の最新
もっと見る

天気(9月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ