生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 「ひらつかタマ三郎漁港」の名称の由来を説明する漁協職員の伏黒哲司さん=7月22日、神奈川県平塚市
拡大
 「ひらつかタマ三郎漁港」の名称の由来を説明する漁協職員の伏黒哲司さん=7月22日、神奈川県平塚市

 神奈川県平塚市に「ひらつかタマ三郎漁港」というユニークな名前の港がある。市漁業協同組合が4年前、市と契約して命名権(ネーミングライツ)を取得。地元の漁業PRキャラクターの名前を付けた。「漁港の命名権導入は全国的に珍しい」(市担当者)といい、静かな反響を呼んでいる。

 JR平塚駅から南東に約2キロ。漁港の入り口で、ねじり鉢巻きにサングラス、胴長靴を履いた漁師風のネコが描かれた看板が来訪者を「いらっしゃい!」と出迎える。地元の大学生がデザインしたゆるキャラだ。

 平塚漁港は漁師だけでなく、釣り客や遊漁船の利用者が多いのが特徴。さらなる利用者増が関係者の狙いだ。

生活の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ