スポーツ

  • 印刷
 8-2で大勝したバルセロナとの準々決勝で、2得点したBミュンヘンのミュラー(右)=リスボン(ロイター=共同)
拡大
 8-2で大勝したバルセロナとの準々決勝で、2得点したBミュンヘンのミュラー(右)=リスボン(ロイター=共同)

 【ベルリン共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は14日、リスボンで準々決勝の1試合が無観客で行われ、7シーズンぶりの優勝を狙うバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が8-2でバルセロナ(スペイン)に大勝し、2季ぶりにベスト4に進んだ。

 国内2冠のBミュンヘンは前半にミュラーの2得点などで4-1と大きくリード。後半もレバンドフスキらが次々と加点した。バルセロナは国内リーグなどに続いてタイトルを逃し、無冠で今季を終えた。

 Bミュンヘンは19日の準決勝で、マンチェスター・シティー(イングランド)-リヨン(フランス)の勝者と対戦する。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 80%

  • 22℃
  • ---℃
  • 90%

  • 23℃
  • ---℃
  • 90%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ