スポーツ

  • 印刷

 東京六大学野球リーグは15日、神宮球場で1試合が行われ、慶大が早大に延長十回タイブレークの末、5-3で競り勝ち開幕4連勝とした。慶大が16日の法大戦に勝てば、5戦全勝で2季連続の優勝が決まる。早大は1勝2敗で優勝争いから脱落。

 慶大は3-3の十回に代打橋本典が勝ち越しの2点三塁打を放った。早大は先発早川が8回3失点と力投し、九回に金子の適時打で追い付いたが、タイブレークでは一本が出なかった。

 終戦の日を迎え、正午に黙とうがささげられた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ