国際

  • 印刷
 13日、ロシア・モスクワで、結果を伝えるロシア中央選挙管理委員会のモニターの前に立つ男性(タス=共同)
拡大
 13日、ロシア・モスクワで、結果を伝えるロシア中央選挙管理委員会のモニターの前に立つ男性(タス=共同)

 【モスクワ共同】11日に投票が始まったロシア統一地方選は13日、投票終了後、即日開票され、猛毒の神経剤で襲撃されたとされる反体制派ナワリヌイ氏が支援したシベリアの都市の市議選で反体制派や野党候補が議席を獲得した。ロシアメディアが伝えた。ただ州や共和国などで行われた合計20の首長選では、政権が推した現職や新人候補が全員当選確実となり、政権が圧勝の勢い。

 今回の統一地方選は来年9月に予定される下院選挙の前哨戦と位置付けられており、政権側は首長選や下院補欠選挙で圧倒的な強さを示した。

国際の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ