国際

  • 印刷
 記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長=14日、北京(共同)
拡大
 記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長=14日、北京(共同)

 【北京共同】中国は米国との激しい対立や習近平国家主席の国賓訪日を見据え、14日の自民党総裁選で勝利を収め、首相選出が確実となった菅義偉官房長官と対日関係を引き続き安定させたい考えだ。衆院議員の任期が来年10月に迫っており、しばらくは日本の政治情勢の行方も見極める構えだ。

 中国外務省の汪文斌副報道局長は14日の記者会見で、菅氏に祝意を述べ「新型コロナウイルス対策と経済発展での協力を深め、引き続き中日関係の改善、発展を共に推し進めたい」と強調した。

 菅氏が総裁選で「中国をはじめとする近隣国と安定的な関係を構築する」と述べた点を、中国は評価しているとみられる。

国際の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ