国際

  • 印刷

 【モスクワ共同】11~13日に行われたロシア統一地方選で、14日までの集計作業の結果、猛毒の神経剤で襲撃されたとされる反体制派ナワリヌイ氏が支援した野党系候補が善戦、政権与党「統一ロシア」は三つの市議会で過半数に届かず敗北した。野党側は少なくとも七つの市議選で議席を獲得した。

 ナワリヌイ氏のチームは、統一ロシアの候補の当選を阻止するため、勝ち目のある野党候補に集中して投票する運動を各地で展開しており、奏功した形だ。

 ロシア紙RBK(電子版)によると、反体制派や野党の候補は同氏が現地入りして支援した市などで議席を伸ばし、統一ロシアの過半数確保を阻止した。

国際の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 19℃
  • ---℃
  • 50%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 20℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ