社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 2017年の衆院選で、自民党の谷川弥一衆院議員(79)=長崎3区=の陣営が運動員に違法な報酬を支払ったとされる事件で、公選法違反(買収)の罪に問われた会社員小柳伊佐義被告(45)に長崎地裁(堀田佐紀裁判官)は17日、懲役1年2月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 小柳被告は初公判で起訴内容を認めていた。

 起訴状などによると、谷川氏の選挙運動に関わっていた小柳被告は無職永田久弥被告(61)=公判中=と共謀し、投開票後の17年12月28日ごろ、長崎県佐世保市内で、車上運動員4人分について、日当の法定上限を超える額の報酬を渡したとしている。

社会の最新
もっと見る

天気(10月29日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ