スポーツ

  • 印刷
 朝乃山(右)が寄り切りで妙義龍を下す=両国国技館
拡大
 朝乃山(右)が寄り切りで妙義龍を下す=両国国技館
 貴景勝(右)が突き出しで照強を下す=両国国技館
拡大
 貴景勝(右)が突き出しで照強を下す=両国国技館

 大相撲秋場所6日目(18日・両国国技館)両大関が危なげなく勝った。貴景勝は小兵の照強を突き出して1敗を守り、朝乃山は平幕妙義龍を力強く寄り切って3連勝で五分の星に戻した。

 3関脇も白星。正代は栃ノ心を寄り切って5勝1敗とし、御嶽海は小結遠藤をはたき込んで4勝目を挙げた。大栄翔は豊山を押し出して2勝目。

 平幕阿武咲が千代大龍に敗れて全勝がいなくなった。1敗は貴景勝、正代のほか、新入幕の翔猿ら計6人。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

  • 20℃
  • 15℃
  • 80%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

お知らせ