生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 21日、オーストラリア・タスマニア島のマッコリー湾に打ち上げられたクジラ(RYAN BLOOMFIELD提供、ロイター=共同)
拡大
 21日、オーストラリア・タスマニア島のマッコリー湾に打ち上げられたクジラ(RYAN BLOOMFIELD提供、ロイター=共同)

 【シドニー共同】オーストラリア南東部タスマニア島西部のマッコリー湾で21日、大量のクジラが浅瀬に打ち上げられているのが見つかった。オーストラリア放送協会は目撃者の話として最大250頭としている。一部は死んだとみられるが、専門家が現地入りし、救出に向けた作業を実施した。

 タスマニア島の西海岸でよく目撃されるゴンドウクジラとみられ、外海からマッコリー湾に迷い込んだ可能性がある。

 ゴンドウクジラは数十頭の群れで生活することが知られている。詳しい原因は不明だが、病気や方向判断のミス、急激な引き潮などさまざまな要因が考えられるという。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 18℃
  • 13℃
  • 10%

  • 15℃
  • 10℃
  • 60%

  • 18℃
  • 12℃
  • 10%

  • 17℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ