社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 首里城で台座から取り外される「大龍柱」=23日午後、那覇市
拡大
 首里城で台座から取り外される「大龍柱」=23日午後、那覇市

 昨年10月末の首里城(那覇市)の火災で焼け跡に残り、一対の竜をかたどった「大龍柱」を補修するため、台座から取り外す作業が23日、報道陣に公開された。修復作業を来場者に公開した後、首里城復元時に作り直す大龍柱の見本にする。

 火災で焼失した正殿の跡地前にあり、鋼製型枠で囲んだ大龍柱を、作業員らが工具を使って石灰岩の台座から切断。クレーンがつり上げ、御庭(中庭)に寝かせた。

 内閣府沖縄総合事務局によると、焼損した奉神門前の下之御庭に設置したプレハブ小屋に移し、今年10月中旬から補修作業を窓越しに見学できるようにする。10月中に修復を終える予定。

社会の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ