スポーツ

  • 印刷
 共同通信社杯プレミアムカップの優勝戦で激しい競り合いをみせる優勝した早川清太郎(右)と2着の青山周平(1)=山陽オートレース場
拡大
 共同通信社杯プレミアムカップの優勝戦で激しい競り合いをみせる優勝した早川清太郎(右)と2着の青山周平(1)=山陽オートレース場

 オートレースの共同通信社杯プレミアムカップ(特別G1)最終日は23日、山口県の山陽オートレース場で優勝戦(4100メートル、8周)が行われ、早川清太郎(伊勢崎)が2分18秒5(上がり3秒378)で大会初優勝を飾り、賞金600万円を獲得した。

 ナンバーワンの青山周平(伊勢崎)が快調に飛ばして逃げ切り態勢を築いたかに見えたが、2番手の早川は懸命に食い下がり、7周目1コーナーでインから鮮やかに抜いて逆転。その勢いのままゴールに飛び込み、初日から5連勝での完全V。3着は篠原睦(飯塚)。

 払戻金は連単が(2)-(1)で980円、3連単が(2)-(1)-(4)で4170円。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ