政治

  • 印刷

 政府、与党は菅義偉首相就任後、初の本格論戦となる臨時国会について、10月23日か26日に召集する日程を軸に調整に入った。英国との間で大筋合意した経済連携協定(EPA)の承認案をはじめ、国会審議に向けた準備状況を踏まえて最終判断する。自民党幹部が23日、明らかにした。政権内からは、会期は50日程度となるとの見方が出ている。

 臨時国会では首相の所信表明演説と、与野党各党の代表質問が見込まれる。自民党の森山裕国対委員長は23日、召集に関し「まだ日程を申し上げる時期ではない」と述べる一方、日英EPAの承認案が提出可能となるタイミングが「一つの目安だ」と語った。

政治の最新
もっと見る

天気(10月25日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 0%

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ