スポーツ

  • 印刷
 川崎-横浜FC 後半、チーム2点目のゴールを決め、喜ぶ川崎・旗手(左)=等々力
拡大
 川崎-横浜FC 後半、チーム2点目のゴールを決め、喜ぶ川崎・旗手(左)=等々力

 明治安田J1第18節(23日・川崎市等々力陸上競技場ほか=9試合)首位川崎は横浜FCを3-2で下し、6連勝で勝ち点を50に伸ばした。横浜FCの元日本代表FW三浦が先発し、53歳6カ月28日のJ1最年長出場記録を樹立した。

 3位のFC東京は2位C大阪との上位対決を2-0で制し、勝ち点38とした。C大阪は今季初の連敗で同39のまま。フィンク監督が退任した神戸はイニエスタの今季初ゴールなどで鳥栖に4-3で競り勝ち、8試合ぶりの勝利を挙げた。

 鹿島は湘南を下して7連勝。G大阪は名古屋に逆転勝ちした。横浜Mは仙台、浦和は清水、柏は札幌、広島は大分にそれぞれ勝った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ