国際

  • 印刷
 23日、フランス・パリ近郊で報道陣に話すマクロン大統領(ロイター=共同)
拡大
 23日、フランス・パリ近郊で報道陣に話すマクロン大統領(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は23日、妻の出産の際に取得できる男性の「産休」とも言える「父親休暇」について、現行の2週間から4週間に倍増させ、うち1週間は休暇を義務とすると発表した。来年7月1日に施行する。

 2002年に導入された父親休暇制度の延長は17年の大統領選でマクロン氏の公約だった。

 地元メディアによると、現在の取得率は67%。ただ雇用状況に左右され、雇用契約が無期限の場合は80%が取得しているのに対し、期限付きの場合は48%にとどまっている。

 レゼコー紙によると、フィンランドは54日間、スペインやポルトガルは既に4週間取得できるという。

国際の最新
もっと見る

天気(11月1日)

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 21℃
  • 7℃
  • 30%

  • 23℃
  • 11℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ