スポーツ

  • 印刷
 オンライン形式で行われた合同会議であいさつするIOCのバッハ会長(奥)。手前左は東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長、同右は東京都の小池百合子知事=24日午後、東京都中央区(代表撮影)
拡大
 オンライン形式で行われた合同会議であいさつするIOCのバッハ会長(奥)。手前左は東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長、同右は東京都の小池百合子知事=24日午後、東京都中央区(代表撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会の合同会議が24日、始まった。IOCのバッハ会長は冒頭のあいさつで「コロナ後の世界に合わせた大会にしなければならない」と述べ、感染症対策や大会の簡素化の議論を急ぐ考えを示した。

 会合はオンラインで行われ、バッハ氏に続いて組織委の森喜朗会長も「1年延期は誰も取り組んだことのない難事業。職員一丸となって一つの船に乗って頑張ってまいりたい」と話した。会議は25日まで。新型コロナ対策の他、大会の簡素化について集中的に議論する。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ