スポーツ

  • 印刷
 ケルン戦の後半、競り合うビーレフェルトの堂安(左)=ビーレフェルト(共同)
拡大
 ケルン戦の後半、競り合うビーレフェルトの堂安(左)=ビーレフェルト(共同)

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグで26日、ビーレフェルトの堂安律はホームで行われたケルン戦に先発して0-0の後半28分までプレーした。チームはその後に決勝点を奪って1-0で勝ち、今季2試合目で初勝利。

 シュツットガルトの遠藤航は4-1で快勝した敵地でのマインツ戦にフル出場。ブレーメンの大迫勇也は3-1で勝ったアウェーでのシャルケ戦で終了間際に出場した。遠藤渓太がベンチ外だったウニオン・ベルリンは敵地でボルシアMGと1-1で引き分けた。

スポーツの最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ