社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 新型コロナウイルス対策で国が個人事業主に最大100万円を支給する持続化給付金の詐取事件で、兵庫県警は28日、詐欺の疑いで会社役員の依田利大容疑者(48)=神戸市東灘区=を再逮捕した。新たに同県西宮市監査事務局副主査の波多野光裕容疑者(39)=同市室川町、建設作業員藤原康孝容疑者(30)=大阪市都島区=を逮捕した。

 逮捕容疑は、中小企業庁がネット上に開設した給付金の申請サイトに6月、うその職業や売上額などを入力して給付を申し込み、藤原容疑者の口座に100万円を入金させた疑い。

 西宮市の石井登志郎市長は「信頼を失墜させ深くおわびする」とのコメントを出した。

社会の最新
もっと見る

天気(10月30日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ