国際

  • 印刷

 【北京共同】北朝鮮外務省日本研究所は29日付の談話で菅政権発足について取り上げ、日本人拉致問題は「われわれの誠意と努力により既に後戻りできないまでに完全無欠に解決された」と主張、新政権をけん制した。外務省ホームページに30日までに談話が掲載された。

 談話はリ・ビョンドク研究員名。個人名で従来の立場を強調したものだが、北朝鮮政府機関が菅政権発足後、拉致問題について見解を示したのは初めてとみられる。

 菅義偉首相は29日、就任後初めて拉致被害者家族と面会し「自らが先頭に立ち、あらゆるチャンスを逃すことなく活路を開いていきたい」と述べ、問題解決へ決意を強調した。

国際の最新
もっと見る

天気(10月31日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 21℃
  • 10℃
  • 0%

  • 21℃
  • 9℃
  • 10%

お知らせ