社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告
拡大
 ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告

 埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人を含む6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われたペルー人、ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(35)の無期懲役が確定した。最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)が9月24日付で、上告棄却に対する被告の異議申し立てを退ける決定をした。

 裁判員裁判だった一審さいたま地裁は18年3月、完全責任能力を認めて求刑通り死刑を言い渡した。二審東京高裁は統合失調症による妄想が犯行全般に影響を与えたと判断、心神耗弱状態だったとして一審を破棄し、刑法の規定に従って減刑、無期懲役を言い渡した。

社会の最新
もっと見る

天気(10月24日)

  • 20℃
  • ---℃
  • 10%

  • 19℃
  • ---℃
  • 30%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ