経済 経済 新商品

  • 印刷
 中国国家統計局のGDP速報値に関する資料の配布を待つ報道関係者ら=19日、北京(共同)
拡大
 中国国家統計局のGDP速報値に関する資料の配布を待つ報道関係者ら=19日、北京(共同)

 【北京共同】中国国家統計局が19日発表した2020年7~9月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年同期比4・9%増だった。新型コロナウイルスによる打撃からの回復の勢いが持続し、成長率は4~6月期から1・7ポイント増加した。

 1~9月期も0・7%増、感染拡大後に初めて累計で増加となった。通年でのプラス成長達成に弾みをつけた形だ。

 ただ7~9月は大方の市場予測の5%台を下回った。今後は冬に向けてコロナ感染の再流行を抑え込めるかどうかも左右しそうだ。ハイテク分野での米国との対立も懸念材料となる。

経済の最新
もっと見る

天気(12月1日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ