経済 経済 新商品

  • 印刷

 週明け19日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=105円台前半で取引された。

 午後5時現在は前日比09銭円安ドル高の1ドル=105円39~41銭。ユーロは17銭円安ユーロ高の1ユーロ=123円53~57銭。

 9月の米小売売上高が市場予想より好調だったことや、新型コロナウイルスのワクチン開発への期待から、朝方は低リスク通貨とされる円は売りが優勢だった。その後は新規の材料が乏しく小幅な値動きにとどまった。

 市場では「11月の米大統領選や、欧州連合(EU)と英国の貿易交渉の行方を見極めたいという投資家が多い」(外為ブローカー)との声があった。

経済の最新
もっと見る

天気(12月1日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ