政治

  • 印刷
 山梨県早川町長選で11選を果たし、支持者から花束を受け取る辻一幸氏=20日午後、山梨県早川町
拡大
 山梨県早川町長選で11選を果たし、支持者から花束を受け取る辻一幸氏=20日午後、山梨県早川町

 山梨県早川町長選が20日告示され、現職の辻一幸氏(80)のほかに立候補の届け出がなく、無投票で11選を果たした。全国町村会と全国市長会によると、全国の自治体の現職首長で最多。辻氏は無投票当選を受け「熱意は(初当選から)40年間、いささかも衰えていない。この4年間も初心を忘れず職務に当たる」と記者団に抱負を述べた。

 早川町は人口1012人(10月1日時点)。辻氏は1980年に初当選し、4選と9選以外は無投票当選だった。辻氏は自身の後継者に関し「私が選ぶのはせんえつだ。町民が探し出す時が来る」と語るものの、過疎化による人材不足が多選を可能にした面は否めない。

政治の最新
もっと見る

天気(12月3日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ