生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 脚2本が取り外された「かに道楽道頓堀本店」のカニ看板=20日夜、大阪・道頓堀
拡大
 脚2本が取り外された「かに道楽道頓堀本店」のカニ看板=20日夜、大阪・道頓堀

 大阪市中央区の飲食店「かに道楽道頓堀本店」の名物、動くカニの看板の脚2本が20日、修理のために取り外された。現在の看板で脚を外す修理をするのは初めてで、通行人らが写真に収める姿が見られた。24日未明に再び取り付けられる。

 店によると、脚の付け根の部品に不具合が見つかったため交換する。8月下旬ごろから脚の動きがぎこちなくなり、異常音がするようになった。9月から脚を固定し、原因を調べていた。

 店の前では20日夜、脚がない看板の写真を多くの人がスマートフォンで撮影。「脚は食べられちゃったの?」と小林泰三店長(45)に尋ねる子どももいた。

生活の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ