社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 新型コロナウイルス対策で国が個人事業主に最大100万円を支給する持続化給付金をだまし取ったとして、京都府警は21日、詐欺容疑で京都市上京区の同志社大生山本拓人容疑者(22)ら男2人を逮捕、詐欺グループの指示役の自称会社員仙波大督容疑者(28)=滋賀県守山市=ら男3人を再逮捕した。

 府警によると、山本容疑者はグループの勧誘役で、他大学のサークルなどで知り合った学生十数人から名義を借りていた。府警には、10~20代を中心に「持続化給付金を虚偽申請してしまった」との相談が80件以上寄せられている。

社会の最新
もっと見る

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 60%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ