生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った「ナチュラルキラーT(NKT)細胞」と呼ばれる免疫細胞を、頭頸部がんの患者に移植する医師主導治験を、千葉大と理化学研究所のチームが始めたことが22日、関係者への取材で分かった。iPS細胞を使ったがんの治療は国内で初めて。

 今月14日、1人目の患者に1回目の移植を実施。経過は順調という。治験は10人前後の患者に移植し、2年間、移植した細胞に問題がないかや、がんの大きさの変化を確認する。

 約5千万個の細胞を3回に分けて移植する。手術や抗がん剤などの治療を受けた患者が対象。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(11月27日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 40%

  • 17℃
  • 9℃
  • 70%

  • 18℃
  • 11℃
  • 40%

  • 18℃
  • 9℃
  • 40%

お知らせ