スポーツ

  • 印刷
 7回に登板した阪神・能見=甲子園
拡大
 7回に登板した阪神・能見=甲子園
 能見篤史投手
拡大
 能見篤史投手

 阪神の生え抜きで通算104勝を挙げている能見篤史投手(41)が22日、来季の去就について球団と話し合ったことを明らかにし、球団を通じ「タイガースのユニホームを着て、皆さんの前でプレーするのは今季が最後になる」とコメントし、今季限りで退団する意向を示した。他球団での現役続行を希望している。

 プロ16年目のサウスポーは、阪神の投手陣で最年長。この日は甲子園球場で行われた広島戦の七回に登板し、1回を三者凡退に抑えた。今季は31試合に救援登板。安定感を欠き、球団が来季の戦力構想外を検討していた。

 兵庫県出身。ドラフト自由獲得枠で2005年に阪神入りした。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月24日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ