スポーツ

  • 印刷

 【ロサンゼルス共同】米大リーグで守備のベストナインに相当するゴールドグラブ賞の最終候補が22日に発表され、ツインズの前田健太投手がア・リーグの投手部門で、レッズの秋山翔吾外野手がナ・リーグの左翼手部門で最終3人に入った。結果は11月3日(日本時間同4日)に公表される。

 日本選手はこれまでマリナーズ時代に外野手として2001年から10年連続で受賞したイチローだけが選出されている。例年は監督やコーチの投票などで決まるが、今季は新型コロナウイルスで異例の60試合制だったため、米国野球学会の守備指数で決定するという。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月24日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ