スポーツ

  • 印刷
 男子500メートルで優勝した村上右磨=エムウエーブ(代表撮影)
拡大
 男子500メートルで優勝した村上右磨=エムウエーブ(代表撮影)
 女子500メートルで優勝した小平奈緒=エムウエーブ(代表撮影)
拡大
 女子500メートルで優勝した小平奈緒=エムウエーブ(代表撮影)

 スピードスケートの全日本距離別選手権は23日、長野市エムウエーブで開幕し、女子500メートルは平昌冬季五輪覇者の小平奈緒が37秒73で6年連続11度目の頂点に立った。0秒03差の2位に郷亜里砂が入った。

 男子500メートルは村上右磨が34秒72で4年ぶり2度目の優勝を果たした。日本記録保持者の新浜立也が34秒91で2位、松井大和が34秒94で3位。35歳の加藤条治は35秒48で17位だった。

 男子5000メートルは日本記録を持つ一戸誠太郎が6分25秒85で2年ぶり2度目の制覇。女子3000メートルは押切美沙紀が4分7秒88で初優勝した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(11月24日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 17℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ