社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 送検される佐藤和夫容疑者(左)=23日午後2時28分、新潟県警柏崎署
拡大
 送検される佐藤和夫容疑者(左)=23日午後2時28分、新潟県警柏崎署

 新潟県柏崎市のアパート一室で切断された遺体が見つかり、死体遺棄容疑で部屋の住人だった東京都豊島区、鉄筋工佐藤和夫容疑者(48)が逮捕された事件で、県警はこれまでの捜査から、遺体は容疑者の兄の可能性が高いとみて調べていることが23日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、佐藤容疑者は兄弟のいずれか1人を殺害したという趣旨の供述をしており、身元や死因を詳しく調べる。

 また、バラバラの遺体は全て袋の中に入れられ、一部は二重に包まれていたことも捜査関係者への取材で判明。県警は遺体の発見を遅らせる目的があったとみて捜査。23日佐藤容疑者を送検した。

社会の最新
もっと見る

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ